花キューピット

1月23日の誕生花 : ネコヤナギ(花言葉:自由な心)

提供:財団法人日本花普及センター

NEWS FROM SHOP BLOG

各店舗からのニュース

春の花

126.6483.dsc3440-1024x679

春の花が出始めましたよ~     と書く始める予定でしたが 、今日のこの寒さ、 思いっきり外しました。それでもめげずに 福寿草 すずらん  水仙  ジュリアン  パンジー  、、でしたが,寒い、寒い  全然盛り上がりません めげずにアップします。 今年もよろしくお願いします。 

新年明けましておめでとうございます。

Nophoto

新年明けましておめでとうございます! 旧年中は大変お世話になりました。 今年もご愛顧のほど宜しくお願い申し上げます。

ありがとうございました

112.2387.%e6%af%8d%e3%81%ae%e6%97%a5_m

まもなく本年の営業を終了させていただきます 今年も一年間ありがとうございました 来年もよろしくお願いいたします 新年の営業は 能見台店6日 文庫店5日 より通常営業させていただきます

も~いくつねると

112.2380.0013

これが こうなって  さらにこうなって  さらにさらにこうなりました  H様 本日発送いたしました

2016-12-21

花小代

アレンジメント教室~お正月~

217.2967.p1260404-225x300

12/20-21 開催の作品です。 輝く水引 お正月のアレンジメント。 4色の水引と南天の実を印象的に装飾して迎春の花を活けました。 花材がシンプルなので水引のキラキラ感が強調されます。 水引に南天の実を通すということ初めて体験しました。 花材◆若松/金竹/苔/ヒムロ杉/南天の実/ピンポンマム/スプレーマム/水引/迎春ピック

早いもんで 残すとこ半月

126.6471.dsc_0096-681x1024

自然の作り出す造形は、人知を超えたはるか遠くにある現実をよく目にします。 この巨岩もその一つのように思えてならない 何かいわれがあるのをしれないだけかもしれませんが 同じ岩質の巨岩が、重なり合って、結合しているのかと思えは なんと数センチを残して、遊離している。 誰かが削り取ったわけではあるまいし なんという造形のいたずらというか、人の力のおぼつかなさを思い知らされる そんな気がしてきます。 川の流れを見れば、そこに魚の気配を探し釣りをすることしか脳のない私 ここでは、釣り禁止の立て札を見るまでもなく 奇岩の重なりとその景観を楽しんだ。 あいにく豪雨の後の水の濁りは、少し清涼感には欠けるものの 爽快であった。 今時、紅葉狩りには遅すぎるのかもしれないけれど きっといい色に染まるんだろうなあ。 そんなことを思い起こさせる、一夏の記憶でした。 シニアb

2016-12-07

花小代

アレンジメント教室~クリスマス~

217.2927.p12603761-225x300

12/6-7 開催の作品です。 『雪夜に輝くクリスマス クレッセント』のイメージで雪と夜と三日月をデザインモチーフにしてあります。 クジャクヒバをリースを作る感覚でクレッセントに形成します。 ゴールドワイヤーで先端を適度に引っ張ってカーブを作っていくのがポイントです。 端から端まで数回以上のグルグルをくりかえしてシルエットをきれいに仕上げていきました。 下部のアレンジは周囲をコニファー系でまとめて中心を花で彩り、カスミ草で雪の雰囲気を作り出しました。 花材◆クジャクヒバ/スターアニス(スノー)/赤芽柳/ネズ/セッカン杉/ヒペリカム/ヒムロ杉/松笠(スノー)/スプレー菊/スプレーカーネーション/カスミ草

12月なので

112.2375.0012

H様お待たせしました 今年のリースです 本日発送いたしましたので もうしばらくお待ちください

今週のしつらい:やぶ椿 寒菊 苔マキ

158.2366.yabutubaki-16-3-229x300

霜月第五週最後の当番 やぶ椿と寒菊との合わせ微妙です 庭の木陰に張り付いたような感覚で生けます ポイントは 器を岩盤に見立て できるだけ低く這うに見せることです

品評会

112.2366.0015

はやいもので 今年もシクラメン品評会の時期になりました 大賞の農林水産大臣賞は 大栄花園のミルキーガールです 変わったところでは 立てかけられる仕様の鉢に入った 峯崎園芸のフェアリーピコプチダブル や 新品種の 仮称  ラッシュ などですね 市場での入荷量が 夏の暑さやその後の日照不足により 生育が遅れていて品薄だったので 例年になく高めで取引されていました 当店にも品評会出品商品が多数入荷しましたので ぜひ ご来店ください

今週のしつらい:苔マキ 白玉椿

158.2363.84e9791c1f916227e4272854b9c5868a-230x300

霜月第四週生花本勝手基本形 白玉椿の清々しく楚々としたところを びっしりついた苔マキの古木と合わせてみました ポイントは 白玉椿をどこに配置するかです

2016-11-16

花小代

アレンジメント教室~お正月飾り~

217.2907.p1260362-225x300

11/15-16 開催の作品です。注連縄と水引、バックパネルに和ボードを組み合わせました。 花はちりめんダリア2輪、南天の実、松笠、金のタッセル、松は五葉松 シンプルな構造と思ったのですが、皆さんの仕上がり具合は微妙に味付けが違いデザイン・配置の奥深さを再確認しました。